公認暗号通貨技能アドバイザーのブログ

猫でもできる?! windows-build-tools のインストール方法

WRITER
 
windows-build-tools
この記事を書いている人 - WRITER -
公認暗号通貨技能アドバイザー Kindle絵本作家 キャットケアアドバイザー 情報処理技術者 Webコンサルタント 2018年6月にリンパダイエットのコンテストで審査員特別賞受賞。 電子絵本「子猫のソイとクリ」を2017年12月に出版し、Kindle絵本・児童書カテゴリーで1位を獲得。 猫カフェを経営していたこともあります。 SEとして12年以上勤務。 COBOLプログラマーでした。 資格等いろいろあり ・暗号通貨技能検定上級 ・愛玩動物飼養管理士2級 ・第1種情報処理技術者 ・オラクルマスターGold DBA11g ・MCP ・JAVAサーティファイ2級 など

前回、猫でもできる?!  Node.js をWindows にインストールする手順で、サーバーサイドのJavaScriptの環境である Node.js をインストールしました。

今回は、windows-build-tools をインストールします。
それにより、JavaScripを実行する時にモジュールを呼び出して使用することのある C++Python2.7 が使える環境となります。

※Visual Studio や Python2.x を使っている場合には、すでに環境が構築されているのでインストールの必要ありません。

 

コマンドプロンプトまたは Windows PowerShell を管理者権限で起動

コマンドプロンプトまたは Windows PowerShell を管理者権限で起動します。

管理者権限がないと、C++やPython2.7 はインストールできません。

 

windows-build-tools の実行

以下のコマンドを実行します。

npm install -g windows-build-tools

windows-build-tools は、C++コンパイラやPython2.7を自動的にインストールしてくれる便利なパッケージです。

インストールに多少時間がかかります。

 

Node.jsを使うのに、なぜ C++ や Python が必要なの?

Node.jsは、サーバーサイドのJavaScriptの実行環境です。
Node.jsでは、JavaScripだけでなく、C++で作られたモジュールも使われています。
C++で作られたモジュールをビルド(コンピューターの実行形式)するのに、node-gypというツールが使われます。
node-gypは、モジュールをビルドするのにPythonを使用しています。
ですから、 Node.jsを使用するには、C++とPythonの開発環境が必要 なのです。

Pythonには、バージョン3もありますが、Node.jsで必要なのは、Python2.7です。

 

まとめ

以前は、C++のコンパイラ(Visual Studio) をインストールし、それから Python をインストールと面倒だったようです。
それが、windows-build-tools で簡単に必要な環境を設定できるようになりました。
ですから、windodws-build-tools をインストールしたら、それで終わり、簡単です。

次回は、bitcoinjs-lib をインストールし、ビットコインのJavaScriptでの開発環境を設定します。
→ 「猫でもできる?! bitcoinjs-lib のインストール方法

前回を見直す場合には、こちら。
→ 「猫でもできる?!  Node.js をWindows にインストールする手順

この記事を書いている人 - WRITER -
公認暗号通貨技能アドバイザー Kindle絵本作家 キャットケアアドバイザー 情報処理技術者 Webコンサルタント 2018年6月にリンパダイエットのコンテストで審査員特別賞受賞。 電子絵本「子猫のソイとクリ」を2017年12月に出版し、Kindle絵本・児童書カテゴリーで1位を獲得。 猫カフェを経営していたこともあります。 SEとして12年以上勤務。 COBOLプログラマーでした。 資格等いろいろあり ・暗号通貨技能検定上級 ・愛玩動物飼養管理士2級 ・第1種情報処理技術者 ・オラクルマスターGold DBA11g ・MCP ・JAVAサーティファイ2級 など

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 暗号資産(ブロックチェーン) , 2019 All Rights Reserved.